村岡新駅、説明責任を果たせず

村岡新駅候補地空撮

 かつてから鉄道は駅や路線といた「点と線」だけでなく、広く「⾯」を⾒て計画されてきました。村岡新駅の計画には街並みや周辺環境への影響、ネットワークとしての価値など幅広い視点が不可⽋です。

 既に村岡地区では、JR東海道線の新駅構想が打ち出されています。市はこれを歓迎し、建設費の負担に合意しておりますが。各所に根強い反対論があるのも事実。

 現時点の村岡の街づくりを示すマスタープランは、⼈⼝減少や気候変動への影響、デジタル技術による交通システムの進展など、将来の社会環境の変化を考慮したものでしょうか。それでもなお投資すべき魅⼒的なものなのでしょうか…

 単に村岡に中間駅を作ったところで、通勤・通学時間帯には満員電⾞により⼈を詰め込むことになり、市⺠にとっては却って不利益になるでしょう。

 藤沢の発展を⽀える拠点としたいならば、村岡のみならず市全体をそして周辺都市も視野に⼊れて交通計画を組⽴てるべきです。村岡新駅に対する藤沢市のプランは「点」しか⾒ておらず、単なる再開発の域を出ておりません。

 藤沢らしさ村岡ならではの魅⼒を引き出し、湘南や⾸都圏という「⾯」の価値を⾼める都市計画が不可⽋と考えます。それをして初めて市⺠(納税者)に対する説明責任を果たすことになるのです。