コロナ禍の働き方改革 ~ エッセンシャルワーカー

 withコロナの時代にあって、テレワークは益々社会的に定着しつつあります。このテレワークが主流となれば、成果を重視する人事評価にシフトせざるを得なくなり、今まで日本企業がある種の疑似家族のような関係性を保持していたことから、契約的な関係性に移行していくことになるでしょう。テレワークが増えれば、働く側にとっても、兼業や副業はしやすくなりますし、一方、企業側も外部の人材を活用しやすくなります。

 こうした中、やはり注目しなければならないのは「エッセンシャルワーカー」の存在ですね。人の命や暮らしを守る仕事に就く人たち、例えば、医療関係者はじめ、食料品の販売員や物流の配達員、保育や介護の職員、清掃や警備に従事する人たちを指します。コロナ禍にあっても、職場環境いかんに関わらず、しっかり私たちの生活を支えてくださることに頭が下がります。

 ところが、こうした人たちの待遇が低過ぎるのではないか、エッセンシャルワーカーの評価をもっと見直した方が良いとの指摘があります。私もこれに同感でして、ただでさえ、エッセンシャルワーカーは人手不足で、過度な労働時間により益々人が集まりにくくなっているのが現状です。

 政府が推進してきたと言っている働き方改革を実効性あるものとするには、やはり早期に幅広くエッセンシャルワーカーの待遇改善を各企業に促さなければなりません。処遇の改善は、購買力アップにつながっていくでしょうし、またafterコロナの新たな需要のを生み出すもとになっていくでしょう。