水戸まさしブログ

STEAM教育とは、スティーム教育とステム教育との相違点 日本の教育の主流になるか?

 冒頭から言っておきましょう、今まさにSTEAM(スティーム)教育が脚光を浴びていることを…。そもそもSTEAMとは、5つの頭文字をとった造語です。「S」はサイエンス(科学)、「T」はテクノロジー(技術)、「E」はエンジ […]

水戸まさしブログ

大阪トラックの推進を! 今後益々問われる電子商取引、国際課税の手法、そしてデータの流通

 今大阪が熱い!と言えば、「大阪都構想」の実現ですが、他方では、この「大阪トラック」なるものが、着実に進行しております。そもそもTrack(トラック)と聞けば、グランドやフィールドの競技場を思い出します。それでは、大阪ト […]

水戸まさし

キャシュレスの時代、スマホを利用して使うお金はいくら? 浪費しないよう、しっかり管理を!

 消費税が10%に引き上げられてから早1年が経過します。国からのポイント還元制度などが追い風になって、スマートフォンを使ったキャシュレス決済が一定以上、普及してきました。さらにこの9月からマイナンバー推進のため、5000 […]

介護保険制度スタートから早20年。高齢者増加と担い手不足…これからも持続可能な制度か?

 国立の社会保障・人口問題研究所によると、2040年時点の75歳以上の人は全体の20%を超え、日本人の5人に1人以上が後期高齢者の仲間入りとなります。ご多分に漏れず、私もその一人です。また、後期高齢者の年間に掛かる介護費 […]

水戸まさし

ビールが安くなる! 酒税の見直しによって、酒類全般的に影響が・・・、第3のビールは苦戦する?

 かつてビールは高級な舶来品と言われていた時代がありました。したがって贅沢品でもあったビールに対する税額は高く、今なお米国の7倍、ドイツの14倍超の水準です。  もうかれこれ10年以上前になりますが、ビール好きの仲間を集 […]

水戸まさし

在宅で働きながら休暇を楽しもう! ワーケーションがこれから益々社会の潮流となりますぞ~。

 味覚の秋、GO TO キャンペーンシリーズにより、徐々に各行楽地でも賑わいを取り戻していくような感です。一定の距離やルールを保っていれば、感染は最小限に留まってくれることを祈ります。  ところで、このコロナの感染拡大は […]

水戸まさし

2025年の崖を乗り越えろ! デジタル時代に不可欠な手当とは・・・放置すれば12兆円?損失

 既に経産省は「2025年の崖」に、警鐘を発しております。この「2025年の崖」とは、既存のシステムが年代を経て複雑化し、また老朽化しているので、それをそのまま放置しておくと、国際競争に著しく後れを取り、さらに日本経済の […]

デジタル教育

育て!デジタル人材 再教育でさらにステップアップを図るべし ~ 活用不足の日本に喝!

 今にわかに「リカレント教育」に焦点が当てられています。というのも、昨今の新型コロナウイルスで、雇用の先行きに不安が広がっているためです。  「リカレント」とは、循環するとか、回帰するという意味があります。「リカレント教 […]

水戸まさし

社会保障を考える  安全で安心して働ける高齢者の受け皿づくり  フリーランスの実態

 新型コロナウィルスと直接関係ないものの、高齢社会と相まって、高齢者の勤労意欲は益々高まっております。それを後押しするために、今年3月には各企業に対して、「高齢者の就労機会の確保を努力義務とする法律」がスタートしました。 […]

水戸まさし

どうせやるならば、もっと大胆に! 国と地方の大胆な改革は道州制への道筋 ますは大阪都構想だ

 河野氏が新たな内閣において、行政改革担当大臣に就任されました。河野大臣が役所の抵抗を受けながらも、大胆な内部改革に着手できるのでしょうか。また、今騒がれているハンコ文化を一変できるのでしょうか、その真価が問われます。 […]