シェアリングエコノミーをさらに推進しよう! オランダ・アムステルダムに見られる光景

 シェアリングは分かち合うこと。仲間同士で共有し合って、地域経済を支えていこうという流れでシェアリングエコノミーが浸透しつつあります。例えば、自家用車を保有しないで、必要な時にだけ仲間や第3者の車を借り、デジタルの技術を使って、予約から決済まで済ませてしまう仕組みなどは、よく知られていますよね。

 オランダのアムステルダムでは、2009年から戦略的にシェアリングエコノミーを目指す取り組みを行ってきました。例えば、工具やはしごといった日常的に使うものでなく、かつ保管場所が必要なものを貸し借りし合うための連絡の場を作ったり、近隣の人たち同士で作った食事をシェアできるサービスや、空になっている車のトランクを宅配ボックス代わりにシェアできるサービス、あるいは介護や家事、ペットの世話などを手伝うためのプラットフォーム作り等々、多種多彩にシェアリング事業が展開されています。

 この概念が発展していくことで、私たちは必要な時に、すぐさま様々な商品やサービスにアクセスできるようになります。今後、おそらく2030年位までには、世界中のいたる都市において、BtoC(企業とお客)のビジネスを主軸とした伝統的な経済モデルではなく、共有することを原理としたシェアリングエコノミーが主流になってくるでしょう。

 私自身、今までも日本の進むべき道筋として、オランダの歴史や歩みを参考にするよう主張してきました。オランダはかつて、7つの海を支配する世界ナンバー1の経済大国でしたが、その後イギリス王国に追われ、没落した歴史を持ちます。

 しかし、その後、様々な外国との融和政策を取り、狭い国土ながらもしっかりした国家戦略をもって債権を果たしていったのです。今では、様々な国際競争力に関する統計では、常にベスト10に顔を出しております。フイリップスやハイネケン、シェルなど世界を代表する企業も多く生み出している国となりましたし、人材の教育および育成も盛んです。

 国民性や環境は異なりますが、わが国も明快かつ具体的な国家戦略が求められているのではないでしょうか。沈みつつある太陽を、もう一度浮上させるために、日本独自の視点からの成長戦略を編み出していきましょう!  コロナに負けるな!