仮想通貨をより安定的に ~ ステーブルコインによる発行への仕組みを見直す機運高まる

 昨今、仮想通貨、デジタル通貨、あるいはブロックチェーンなど、電子的なシステムによって売買が可能なことが広く認知されるようになりました。しかし、未だにネットに対する不信感や、セキュリティーへの不安感、あるいは外部の操作によって価格が乱高下するのではないかという疑念が払しょくできていないのも現実です。

 確かに一連の流れなのかで、例えばビッドコインなどの仮想通貨においても、こうした傾向が見られたのは記憶に新しいかと思われます。そこでその解決策として登場してきたのが「ステーブルコイン」です。「ステーブルコイン」も仮想通貨の一種と言えますが、そもそも「ステーブル」とは「安定した」という意味でして、価格が一定である通貨を指します。

 このコインには、しっかり担保を付けることで価格がほとんど変わらないよう設計されています。しかしデジタル通貨のように、ドルやユーロといった法定通貨と完全に1対1で連動させているものとは若干趣が異なる通貨です。

 ところで法定通貨は、国によって異なる通貨が利用されているため、他国の通貨を利用する際には両替が必要になってきます。申すまでもなく、「ステーブルコイン」なら仮想通貨と同じように、両替の必要性はなく、ボーダレスの決済手段として利用可能です。送金手数料などは要らなくなるでしょう。
また通貨と言っても、例えば政治や経済的不安定に伴うインフレが起こったり、民族対立や紛争でリスクの高い国の法定通貨は不安定です。何かことが起こると暴落する危険性は充分あり得ます。このような状況下にある国の場合では、この「ステーブルコイン」が資産の避難先の役割を担ってくれると思われます。

 今後益々増え続ける「ステーブルコイン」でしょうが、まだ担保の対象となっていない法定通貨も多くあります。さらに、担保型と無担保型の組み合わせタイプの「ステーブルコイン」が登場する予定です。いずれにしましても、今後各国当局からの法的規制や、ルール変更にも左右されることは間違えありませんので、利用する側として、今後の仮想通貨の動向もしっかり見極めていくことが肝要です。 コロナに負けるな!