維新スピリッツの灯を燃やし続けよう! 今年はまさに変革元年の年回り

 明けましておめでとうございます!昨年の9月末以来から、こうしたブログを通じて自分なりの言葉で、色々なテーマについて語っております。皆様のご意見も、心からお待ちしております。

 さて今年は何と言っても、選挙の年。10月21日の任期を迎えるまでには、必ず衆議院選挙が実施されます。政治不信が募るのは、「どの政党も選挙では、聞こえのいいことばかりを言うけれど、選挙後それを実行に移すことはしない」。多くの国民・有権者は、そんな無責任の政治を見透かしているのではないでしょうか。

我が日本維新の会は、昨年11月1日に2度目の大阪都構想の実現にチャレンジしました。大阪府と大阪市の2重行政の排除と、地域主権および住民自治を基本に据えた構造改革が、今回も僅差で否決されことは誠に残念でした。しかしここで改革の旗を下げるわけにはいきません。私たちが懸念することが、1つも改善されていないのですから、このまま放置すればどうなっていくのでしょう。

私たちは愚直に有言実行を進める政党として、その存在意義を自負しております。目まぐるしく世界情勢が移り変わる中で、①国を統治するあり方、②国と地方との関係、さらに③人材の育成や教育に至るまで、今こそ大ナタを振るっていくべき時期です。

時代認識をしっかり持ち、それを国民・有権者皆さんに確実に伝え、そして日本のあり方を変えていく、それが「日本維新の会」に課せられた大きな使命だと確信しております。私なりに誠実にお伝えしていきたいと思います。この1年もどうぞ宜しくお願い致します! コロナに負けるな!