今年はDX(デジタル・トランスフォーメーション)が主流になる年 押し寄せるデジタル変革の波

 デジタル・トランスフォーメーションを最初に提唱したのが、スウェーデンのエリック・ストルターマン教授で、2004年の論文で使われた言葉でした。当時は既にブロードバンドが普及しつつあって、IT(情報技術)も取り組まれている最中でした。

 教授曰く、デジタル・トランスフォーメーションとは、「人間も生活すべての面において、デジタル技術が起こす変化、あるいは、デジタル技術が影響を与える変化」と定義します。したがって、単に、紙ベースを電子印鑑によってペーパレス化を目指すとか、経費精算のためにクラウドサービスを導入するといった変化を意味するのではない、と解されます。

 ところでそもそも、デジタル・トランスフォーメーションをDXと略しますね。テレビコマーシャルでも、DXを「デラックス」と言い間違えるパロディーが流れておりますが、普通、デジタル・トランスフォーメーションの頭文字を取れば、「DT」と略した方が妥当ではないでしょうか…?

 この「X」は、体験、体験を意味する英語スペリングの2文字目にあり、また英語では「ex-」や「trans-」といった接頭辞を「x-」と省略する習慣があるとのこと。教授がそれを引用したとの見方がもっぱらです。

 またDXとIT化との違いは何でしょうか?それは企業活動で見た場合に、IT化は作業時間や人件費などを抑える「内面」の変化をもたらしますが、DXは稼ぎ方というビジネスモデルの「外面」の変化をもたらします。既に2010年代後半には、DXは「ITを用いた企業の競争力の強化」と同じ意味に使われ始めております。

 我が国は、米国はもとよりドイツや他の先進国と比べて、デジタル化の取り組みは遅れております。これはデジタル関連への投資額にも如実に表れており、企業家自身も一刻も早く、「稼ぎ方を変えるための投資」という意識を強く持たなければなりません。この1年、デジタルの知識と明確な将来ビジョンを持って活用できる、そんなビジネスリーダーが多く登場してくれることを期待します。 コロナに負けるな!