デジタル教科書はどこまで普及させれば…? 授業で利用するその制限時間について

 教育のICT(情報通信技術)化が叫ばれて久しい昨今を迎えております。藤沢でもまた寒川でも、遅れを取ったネットの環境整備を進めるべく取り組んでいる最中です。新型コロナウィルスの感染拡大が、全国的にこれを後押ししております。

 ところでこの教育のICT化、いわゆるデジタル化に欠かせないのが、デジタル教科書となります。デジタル教科書は、2018年の学校教育法改正を経て、2019年度から紙との併存が認められるようになりました。改正法では、内容が同一であれば、教育課程の一部においてデジタル教科書を代用しても構わないとしたのです。

 時代の要請を経て、認知されたデジタル教科書でしたが、特に幼少の視力が発達する段階では一定の配慮が必要だとの意見が多く聞かれました。そこで文科省は、目の疲れや健康面に配慮して、デジタル教科書については、各教科の授業時間数の2分の1未満とし、また、画面との距離や、健康診断で心身の疲れを確認することも、規定しております。

 新年早々、文科省はこの制限時間を撤廃してくる方向で調整を進めております。時代の流れとして、受け止めていく必要があるかも知れませんが、紙には紙の良さが当然あります。古くから慣れ親しんでいるせいでしょうか、私にすれば画面で読むよりも紙で読んだ方が、頭に入りやすいです。

  これからもデジタル教科書の有用性については、多方面から議論の対象となるでしょう。さらに教科書無償化に関して、デジタル教科書の妥当性もしっかり俎上に上げていかねばなりませんね。 コロナに負けるな!