受電切れを心配しなくてOK これからワイヤレス給電時代がやって来る!

「あっ、充電器忘れた!やばい」そんな経験はありませんか? 今やスマホや携帯電話は生活必需品としてフル活用されていますが、今一つバッテリーに限界があって、充電器も同時に不可欠なものとなっています。コンビニに行けば、電池式の充電器から、電源差し込み式のものまで、様々な機種が並んでいますよね。

ところで充電ケーブルを用いなくても、電子機器へ直接電気を送るワイヤレス給電が出来たらどんなに便利か、そう思った人は少なからずいらっしゃるでしょう。そう、携帯電話の登場によって、電話線の制約から解放されたように、電気も無線によって充電可能になる時代がすぐそこにやって来ます。

現時点で試行されている無線給電は、目に見えない電磁波を送って電気を送る仕組み。アンテナのような装置から電磁波を送ったり、受け取ったりして送電するシステムです。もちろん、充電ケーブルは不要ですし、電気切れの心配も無用となります。

そして、電磁波の中で代表的なものはマイクロ波。これは、例えば電子レンジの過熱や、レーダーによる観測やGPS(全地球測位システム)などに利用されていることは、よく知られています。ただしマイクロ波は、人体への影響や、周波数により他の無線機器への干渉も懸念されますので、安全性などには十分配慮しなければなりません。
今後、全てのものがインターネットに繋がるIOTが進展する時代。その分、ワイヤレス給電の普及には新たな法整備をはじめ、国際標準化も見据えて制度化を進めていくべきでしょう。 コロナに負けるな!