水戸まさし

デジタル教科書はどこまで普及させれば…? 授業で利用するその制限時間について

 教育のICT(情報通信技術)化が叫ばれて久しい昨今を迎えております。藤沢でもまた寒川でも、遅れを取ったネットの環境整備を進めるべく取り組んでいる最中です。新型コロナウィルスの感染拡大が、全国的にこれを後押ししております […]

水戸まさし

生前におけるデジタル終活を デジタル遺産がいろいろ波紋を投げかける時代

 生前葬を行うケースも増えてきました。そこには、生きているより早く死後を迎えたい、などというような後ろ向きな発想ではなくて、人生の一つ契機として行おうという気構えが感じられます。事実、70歳になった我が知人も昨年、この生 […]

水戸まさし

宇宙ビジネスが現実味を帯びてきた!? 小惑星探査で国際ルール作りの先頭に立つべし

 アポロ13号が月面着陸を果たしてから、早50年が経ちました。それ以降、アメリカを筆頭にロシア(旧ソ連)や中国が国家の威信をかけて、宇宙開発に乗り出しております。日本は、月探査では米中に大きく出遅れていますが、一方「はや […]

地籍調査は早期に進めるべし! 曖昧な境界線が近隣間のトラブルの元ともなっている

 仕事柄、住宅地図と睨めっこしながら、特定の家を探す場合があります。そんな時、時折目に付くのが、住所番地が同じ地域が広がっているというところ。通常ですと、分筆され区画整理が終わっていて、枝番号が付いているのですが…。   […]

年金をもらう年齢はいつ頃がベター? 老後に欠かせないテーマとしてしっかり把握すべし

 ご存知の通り、年金が支給される年齢は、通常65歳からです。でも、個人個人の貯蓄の状況や、仕事からの収入状況など、人それぞれですね。ましてや、昨今のコロナ禍の影響で、収入が減ってしまい、「生活資金が足りず、早く年金をもら […]

水戸まさし

コロナの影響で出生数が減少していく… 社会が不安定なときには顕著に現れる傾向あり

 これまたショッキングな数値です。日本の人口は少子高齢化で、11年間連続して減少続き。なおかつ、昨年の出生数は86万人と、統計開始後初めて90万人を割り込みました。  そこに、新型コロナ禍の影響で、昨年1~7月の妊娠届は […]

水戸まさし

トラブルが絶えない成年後見制度 制度の意義をしっかり理解し利用することが大切 

 益々1人暮らし世帯が増えつつあります。健康ならまだしも、高齢が進めば自分のしっかりとした意志をもって生活を送ることが出来るか、身内にそんな人を抱えていると心配です。  遡ること2000年4月、周囲の不安を少しでも緩和す […]

水戸まさし

ソサエティー5.0って何? 2025年大阪万博のメインテーマはこれだ!

 遡ること2016年の1月、政府は「第5期科学技術基本計画」を閣議決定しました。その中で提唱されたのが、「テクノロジーによってオンライン空間と現実世界を繋ぎ、様々な課題を解決して人々が暮らしやすい社会を実現しよう」という […]

水戸まさし

変わる介護休暇の取り方 介護離職を減らすための手段となり得るか…

 お正月三が日はいかがでしたでしょうか。コロナ感染により、自重されて家でお過ごしになった方も多いかと存じます。さて、今日から仕事始めですね。益々のご健勝、ご活躍を心からお祈りいたします。 さて、一昨年の厚労省・雇用動向調 […]

水戸まさし

コロナに打ち勝て! 免疫力を高める生活習慣を目指し、感染リスクを回避すべし 

 年末年始を通じて、コロナ感染拡大に歯止めが掛かっておりません。この1年間も生活習慣の改善に努めていきたいものです。 ところで、私たちの体自らを、ウィルスや細菌から守ってくれる機能を「免疫」と呼びます。具体的に言えば、免 […]