学生服も時代とともに変わる!? なるべく家計負担を軽く

 新学期が始まりましたね。桜咲く頃、初々しくちょっぴり不安交じりで、藤沢一中に初登校した頃が思い出されます。やはり私にとって、学生服はステイタスシンボルでしたので、当初は窮屈でしたが、すぐに慣れ親しんだものでした。

 ところで、当時から学生服は高価な代物だった記憶があります。だいたい上下揃えると2万円くらいになりましたので、丁度成長期であった中学校時代は、何度か買い替える度に家に負担を掛けちゃうなと思ったものでした。

 今ではもっと値段が上がって、男子は全国平均で約3万3千円、女子は3万2千円するようです。価格が高い理由として、学校ごとに服のモデルが異なっていることや、購入できる店が指定されていることが挙げられます。ただでさえ、中学・高校は何かとお金が掛かる時代、せめて学生服だけでも負担が軽くなってほしいと思うのは親の正直な気持ちでしょうか…。

 そんな思いを反映してか、一部の自治体では、各校が異なる学生服を統一してメーカーに大量生産を促したり、あるいは保護者らの団体が卒業生の「お下がり」を、リユース(2次利用)したりするケースも出てきました。まだリユースできるネットワークが限定的ですので、幅広く行きわたっていないようですが、助け合える地域のシステムは大切にしていきたいですね。

 おそらく自分の使っていた学生服は、卒業時にはボロボロになっていたでしょうが、後輩たちに受け継いでもらえるとなると、もうちょっと丁寧に扱おうという気になるかも知れません。昔と比べて、素材の質もいいようですので、もうちょっと長持ちしてくれるでしょうか。いずれにしても、学生服は忘れがたい我が青春の一コマでした。 コロナに負けるな!