水戸まさし

手話通訳は身近な存在 担い手確保に向け処遇改善を進めるべし

もう誰しもこの存在を知らない人はいないでしょう。手話通訳は、聴覚障害者らの意思疎通を助ける技能を持ち、例えば、テレビ番組の傍に立って、話し手の言葉に対して手指を用いて通訳してくれる場面を見る機会も多いと思います。2016 […]

水戸まさし

資源の集団回収はいずこに~ 藤沢市のごみ収集事業

 新型コロナウィルスの影響は、地域でも様々な面に影響をもたらしております。1つの実例として、町内会などの地方組織が古紙やビン缶といった「資源ごみ」をリサイクルするために収集する、いわゆる「集団回収」に中止の動きが続出して […]

水戸まさし

ギグワークが進化中  働く側に照っても都合の良い働き方とは 

 昨今、ギグワークというフレーズがマスコミでも、新聞でも多く見られるようになりました。そう、これは1~3時間などの短い時間だけ働き、継続した雇用関係のない働き方を指します。 英語の「Gig(=1度だけの演奏や短いセッショ […]

28

NHK受信料1割下だけではまだ足りず さらなる企業努力を求む!

 すでに周知の通り、NHKは再来年度から受信料を1割下げることを決定しました。かつて、私が衆議院の総務委員会に所属していた折にも、NHKの経営体質や業務内容については何べんも議論したことが思い出されます。必ずといっていい […]

水戸まさし

将来設計は大丈夫? 給与から天引きで資金を貯めよう!

 我が子息がファイナンシャルプランナーという資格取得に向けて勉強していましたので、横目で参考書なるものを見ながら、財形貯蓄のテーマについて改めて認識をしました。私は一般のサラリーマンではなく自営業ですのでこれについては無 […]

水戸まさし

コロナの影響も多大 藤沢の葬儀社もおしなべて減収傾向…?

 某冠婚葬祭互助会の調査によりますと、昨年の葬儀費用は平均で186万円だったとか。これは、1993年の405万円をピークに減少し、費用については調査依頼初めて200万円を割り込みました。そして、この1年以上のコロナ禍によ […]

水戸まさし

水産資源を私たちの共有財産にしていこう 藤沢からの水産物も発信中

 相模湾に面した片瀬江ノ島エリア近海には、少なからず多くの水産資源があります。とりわけシラスは江ノ島の名産品とも言われ、お食事やお土産を求める観光客も押し寄せます。こうした水産資源を用いて、もっと藤沢の良さをアピールすれ […]

水戸まさし

ふじさわ湘南は温暖な地域 それでも家庭内の温度調整により能率に差が出るぞ

 昨年来の新型コロナウィルスの下で、自宅にてテレワークする機会が増えました。東京に在住する知人も、あえて湘南を選んでオフィスを移し、1週間のうち平日はここに泊まりながら業務をこなしております。やはり、能率を上げるための良 […]

水戸まさし

藤沢・寒川エリア内の消防団員も減少中 ~ 早期に待遇の見直しも

 全国の消防団員は1955年には200万人近くいましたが、既に1990年には100万人を割り込みました。今では、過去最少の81万8千人にまでになっております。若年層を中心に、入団者数も落ち込み、昨年の団員数は前年比で約1 […]

水戸まさし

下肢静脈瘤で悩む人は1000万人 今まさにグルー療法に脚光が!

 下肢静脈瘤は、静脈の弁がうまく働かなくなり、血液がよどんで溜まり、「こぶ」ができてしまう症状です。皮膚にでっぱりができる他、だるさなどを伴う厄介な病気です。国内に1000万人程の患者がいるとされています。私も、以前から […]