銀行の手数料が益々増える! 通帳の有料化に対する是非

 今年に入ってすでに「みずほ銀行」は、紙の通帳の発行につき、希望する人から1100円(税込み9の手数料を取り始めました。対象は、新たに口座を開設する70歳未満の人です。

 確かに私自身、当行の口座を持っておりましたので、昨年末にWebサイト用のIDとパスワードが割り当てられ、画面上で入出金の確認が出来るようになりました。しかし、今まではサービスで通帳発行をしてもらっていたのが、いきなり手数料を取るとなれば、それにたいして釈然としないお客様は相当数に上ると思われます。

 またこの4月からは、三井住友銀行が、新規口座開設者のうち紙の通帳が必要とする18~74歳の人から、年550円を徴収することも決めました。ただし、通帳は何冊発行しても、手数料は変わりません。一方、りそな銀行は通帳の有料化について未定とのことですので、ほっとしている関係者も少なくないでしょう。こうして銀行によってその対応はまちまちですが、早晩、デジタル化の進展やエコ意識の広がりが、紙の通帳の不要論を後押しいていくことは必至です。

 また銀行関係者から言わせると、通帳発行には1冊当たり1000円以上のコストが掛かっており、口座開設時の本人確認にも人手が必要なので、有料化は仕方がないと反論します。また、日銀のゼロ金利政策で、利ザヤを稼ぐビジネスモデルはほぼ崩壊し、他方、大手企業は利益をため込み、銀行からお金を借りる必要がなくなりました。今の金融ビジネスを持続可能にするための手数料化はやむを得ないとの声も…。

 やはり、ここで登場してくるのが「ネットバンキング」です。手数料の安さに加え、わざわざ記帳しに行かなくとも、手元で履歴が見られるので、確認作業も簡単です。仮に不正利用があった場合でも、早期に発見できます。私自身、今後、各銀行の口座については、「ネットバンキング」を通じてその利便性を求めていこうと思います。 コロナに負けるな!