フィッシング詐欺が横行中 昨年より飛躍的に忍び寄る魔の手

各省庁や大手企業からの正規のメールを思って開き、書かれていたサイトに個人の情報を入力したら、全く身に覚えのない請求書が送られてきた…、そんな体験があるでしょうか?そう、いま流行りの「フィッシング詐欺」というものです。

巧みに偽サイトに誘導され、いろいろな個人情報の入力を求めてきます。最近急増しているのが、宅配便を装ったショートメッセージサービス(SMS)が送られてくるパターン。ここ1年間を通じ、宅配を利用する人が増えているので狙われやすいようです。SMSの文章に記載されていたURLをクリックしてアプリをダウンローとすると、そこから個人情報が抜き取られてしまいかねません。

ただ対策を講じる関係者も口をそろえてこう言います。「現段階では、メールが偽物かどうかを見分けるには非常に困難である」と。ただ迷惑メールフィルターを使うと不審なメールは分別、削除してくれることもあると指摘しております。

したがって、届いたメールにURLが記載されている場合には、安易にアクセスしない方が未然の防止策としてはベターでしょう。またよく使うサービスは、メールからではなく公式サイトのアプリなどからアクセスすることを心掛けるべきと思われます。

仮にアクセスしてしまい、アプリのインストールやIDおよびパスワードの入力を求められても絶対に応じてはなりません。万が一、被害に気が付いたら、クレジットカード会社や請求元事業者にすぐに連絡を入れる必要があります。ご用心を! コロナに負けるな!