そろそろ変わろうよ日本! 羅針盤なき航海では益々身を危うくするぞ

 長い歴史を振り返れば、確かに我が国が外敵の侵入を許した経験は数えるほどしかありません。四方海に囲まれた立地性にも助けられてきたのですが、そんな平和な時代を謳歌した日本にとって、有事という言葉に鈍感な国民性と言えるでしょう。

 今回のコロナ禍での教訓と言うならば、「平時にあって有事を思え!」ということに尽きると思われます。ご案内の通り、人口千人当たりの病床数は先進国で最多であるにもかかわらず、日本の医療は逼迫してきました。またワクチン接種でも、先進国中、最下位のレベルです。こうした状況は、医療や衛生体制にとどまらず、日本全体の国家体制にあるのではないでしょうか。

 まず何よりも我が国の欠落点として挙げなければならないのは、戦略性の無さです。優先順位が明確ではないこと。一連のコロナ対策にしても、感染の封じ込め、経済の維持、東京オリンピック等々、何を最優先課題とすべきかが不明確なので、緊急事態宣言も惰性となってしまい国民も従おうとしません。

 また、相変わらずの縦割り行政の弊害。ワクチン接種を巡って、河野担当大臣を中心として量は確保したものの、管轄は厚労省、自治体との調整は総務省、輸送は国交省と、担当部局が多岐にまたがります。緊急時には、横断的な調整力が必要であるにもかかわらず、内閣府にあってその能力を十分発揮しているとは思えません。

 そして、余りに楽観的にとらえすぎる風潮。兵法上、「悲観的に物事を組み立て、楽観的に対処する」のがベターを言われておりますが、場当たり的で「何とかなる」という根拠なき楽観思想が漂います。PCR検査の拡充策や、コロナ病床の確保策など、現場からはSOSが出ている状況にあっても、国は自治体に任せておけば良いという感覚で、重たい腰を上げてこなかった経過があります。

 ここもと左様に、コロナ危機は日本自身が引きずってきた体制の欠点をあらわにしました。一連の反省をどう教訓として受け止め改善していくべきか、今この時点で取り組まなければ、近い将来取り返しのつかない事態を招くことを銘記すべきでしょう。 コロナに負けるな!