やはり赤くなる人はお酒に弱い人  飛躍的に高まるがんリスク

 日本人は、お酒に弱い民族と言われてきました。紛れもなく私もその一人、すぐ飲んだら赤鬼のようになります。これはほとんどアルコールを口にしたことにない、母親譲りの体質かも知れません。

そもそもアルコールは胃や腸で吸収され、主に肝臓で①アルコールから②アセトアルデヒドに、その後③酢酸となり最終的に④水と二酸化炭素に分解されます。この①から④までのプロセスの中で、脱水酵素によりアルコールは分解されていくのですが、これらがうまく働かない遺伝子を持っていると、分解が進みません。特に、アルデヒド脱水酵素がうまく働かないと、悪酔いや二日酔いになるのだそうです。

このうまく働かない遺伝子の有無=、飲むとすぐに赤くなる=、お酒に弱いという方程式になります。欧州やアフリカには、この遺伝を持つ人は皆無で、日本人はこの遺伝子の保有者がとても多い民族に分類されます。

ところで飲酒によって、かかりやすくなるガンとして、食道がん、大腸がん、乳がんなどが挙げられます。特に食道がんは、飲酒量に比例してかかりやすさが何十倍にもなるそうです。そして、同じ量の酒でも、お酒を飲むと顔が赤くなる人はその危険がさらに増すとのこと。

いやはや、やはり適量と言うより、なるべく飲まないに越したことがないと言えるでしょうか。お酒は、それぞれの人が授かった遺伝子に適した飲み方がベストなのでしょうね~。 コロナに負けるな!