フレイル健診 最良、簡単な方法で健康寿命を延ばそう!

2019年時の日本人の平均寿命は、男性81.41歳、女性87.45歳で、いずれも過去最高を更新しました。昨今、人生100年と言われる時代となってきましたが、そこまで生き続けるためにはまだまだ多くの課題がありそうですね。

一般的に、健康上の問題なく、日常生活を送れる人生の期間を「健康寿命」と言います。2016年時点ですので、現在とは若干ギャップはありますが、男性73.14歳、女性74.79歳とのこと。前述した平均寿命と比べると、アバウトながらその差は、男性ならば8歳、女性ならば12歳程度の開きがあります。それはすなわち、亡くなるまで平均してその期間は、介護などを受ける期間を意味します。

誰しも望んで病気になったり、ケガをしたり、また介護のお世話になりたいと思う人はいないでしょう。「フレイル」とは、心身の状態が健康なときより弱っているものの、介護が必要ではないという「中間の段階」を意味します。この状態は、65歳以上で1割が該当し、75歳以上で大きく増えると言われております。

そこで以前にも触れましたが、自分がフレイルか否かを調べる有効な手立てとして、「フレイルチェック」があります。そもそも健康な身体を維持する3本柱に、「食事」「筋肉」「社会参加」が挙げられます。日頃の生活において、この3つをどの程度心掛けているのか、様々な関係機関が「フレイルチェック・シート」を開発しているので、それに書き込んで自覚するのが最善でしょう。

また、厚労省が推進しようとしている「フレイル健診」。「1日3食きちんと食べていますか」、あるいは「今日が何月何日か分からない時がありますか」など、筋肉や認知機能、食べる力が衰えていないかを15の質問項目で聞き取ります。

これらを総合的にデータベース化して、良好な生活習慣がさらに健康寿命につながるような働き掛けが必要です。是非とも、多くの高齢者の方々に、長く健康でいられるよう、是非この健診をお勧めしたいと思います。 コロナに負けるな!