私たちの住む街をデジタル未来都市へ! ふじさわ・寒川の将来像を模索していこう

 菅新内閣となってデジタル庁の新設が進められております。これは時代の趨勢を見据えた方針として歓迎すべきでしょうが、デジタル化の進展がどの程度、私たち国民生活に恩恵を与えてくれるのでしょうか。未だに、政府は明確なビジョンを […]

水戸まさし

日本を丸洗いしよう!④ 避けては通れない憲法改正論議、平和主義を前面に出して、自衛力の保持を明記すべし!

 戦後70数年経った今でも、金科玉条のごとく我が国憲法は1字たりとも文言修正されていません。振り返れば終戦直後、GHQの統治下にあった日本は、自前で憲法を作ることさえ許されない状況でした。  第二次世界大戦の引き金を引い […]

日本を丸洗いしよう!③ 議員自らが率先して身を切る姿勢を・・・。改革の前にすべきことはこれだ!

 2011年の東日本大震災直後に行われた統一地方選挙にて、当時の「大阪維新の会」は大阪府議会において過半数を制しました。そして、新たな府議会が招集された直後に、議員定数を2割カットしたのです。  選挙時に公約として掲げた […]

水戸まさし

日本を丸洗いしよう!② 明治時代からの悪しき前例主義を打破し、道州制により主権を地域へ!

 「大阪都」実現のための住民投票は、11月に実施されます。忘れもしない2015年5月。同テーマに関する住民投票により、僅差で否決されたショックは相当なものでした。あれから5年以上の年月を経て、再度チャレンジすることになり […]

日本を丸洗いしよう!① 統治機構改革に着手、大阪都構想の実現はその一丁目一番地になる!

 「統治機構改革」なんて言うと、どうも堅苦しい表現になってしまいますね。しかしこれは、明治時代以来からの「中央集権型」を根本から改めるということです。  このコロナ禍でも見られましたが、相変わらず、政府の判断能力の欠如が […]

水戸まさし

女性が生き生き活躍できる時代

 ここ10年間で、働く女性は増えました。出産しても働き続けることが出来るような環境の整備、例えば保育施設の整備も飛躍的に進められております。  2016年に「女性活躍推進法」が本格的にスタートし、従業員301人以上の会社 […]

水戸まさしブログ

コロナ禍の働き方改革 ~ エッセンシャルワーカー

 withコロナの時代にあって、テレワークは益々社会的に定着しつつあります。このテレワークが主流となれば、成果を重視する人事評価にシフトせざるを得なくなり、今まで日本企業がある種の疑似家族のような関係性を保持していたこと […]

水戸まさしブログ

キャシュレス時代 ~ ネットショッピング

  ドコモ口座から不正に預金が引き出された事件がクローズアップされました。ところが、これだけに留まらす、他の銀行口座からも預金が抜かれていることが発覚。キャシュレス決済の負の部分が露呈することとなりました。   その一方 […]

水戸まさし

海水浴は湘南が発祥の地?

 今年はコロナの影響もあって、夏の風物詩と言われている「海の家」は全面的に閉鎖。海水浴は禁止ではないけど、一定以上の制約がされました。それでもライフセーバーさんたちの尽力もあって、大きな水難事故がなかったのは幸いでした。 […]